top of page

※挽いた豆(粉)をご注文の方は、必ず備考欄へのご記入をお願いいたします。併せてお使いの器具の名前をご記入いただけましたら、それに合わせた挽き方でご用意いたします。

 

-------------------------------------------------

 

Nutty & Bitter《Kaiguri Classical》

 

【INTRODUCTION】
生産国:ケニア
生産地:カイグリファクトリー
生産者:ムテカCoop
標高:1,400m
品種:SL28,SL34,ルイル11,バティアン
精製:ウォッシュド

 

カップの印象
ブラックカラント、シトラス、カカオ、ブラックティー、スイート

 

程よい強度の中に、いかにも”ニエリらしさ”を感じるバランスカップ。ロースト感とダークフルーツを思わせる深い味わい。

 

【INFORMATION】
ケニアには大小さまざまの、いわゆる”農協”(Farmers Cooperative Society)があって、そこに複数(各々に数十から数百)の小規模農家が属しています。農家といっても、コーヒー専業であることはほとんど稀で、それぞれが生活にかかわる作物を生産しながら、その傍らでコーヒーの木も生育しているような感覚だそうです。彼らは、所属している農協が所有する精製所(=ファクトリー)へとコーヒーチェリーを持ちこみ、現金収益を得るといった構図。…まあ、いまさらこんなことを説明せずとも、いよいよケニアのコーヒー好きには当たり前のような話となったのかもしれません。
先ほど、大小さまざまな農協があるといいましたが、農協はさらにいくつかのファクトリーを所有・運営していて、大概の場合、そのファクトリー単位でのトレーサビリティ、ロット管理を行っています。(稀にシングルエステート=単一農園・生産者のロットもあったりするのですが、決して多くはありません。過去に取り扱ったLimweはその珍しいオリジンの一つです。)今回のロットであるカイグリファクトリーは、ムテカ組合が所有し運営するファクトリーであって、名産地として有名なニエリの中でも、特に地理的環境に恵まれた位置にあるようです。
アバーディアという山の恩恵を受けて、高標高に位置する森林地帯の水資源を使うことができ、コーヒーの生育や精製に不可欠な要素を高いレベルでクリアできているのだそう。サバンナが多いケニアではまさに貴重なテロワールといえそうです。ファクトリーの周囲で生産を行う農家も、この農協に属する生産者として、チェリーを肥料として再利用するなど、生産方式の向上に努めているようで、まさにそういった経緯をカップからも感じることができます。
ムテカ組合のロットを使用するのは今回が初めてで、自身はヨーロッパ圏のロースターの焙煎したものをたまに飲んでいたくらいでした。そのころから個人的に注目していた組合であったので、彼らが生産するコーヒーを焙煎できるのは少し嬉しかったりします。ロットのグレードはAB。スクリーンサイズでトップの一つ下にあるロットですが、だからこそ感じるアンニュイなバランスにはひとつ驚きがあります。なんなら、敢えてこれを飲みたいのです。
ハンドソーティングからパルパーにかけられ果肉除去。一晩の発酵槽によるファーメンテーションにより、ミューシレージを分解したうえでのカナルでのウォッシング。ドライングベッドでの乾燥は8~14日間。伝統的なウォッシュドプロセスです。今回もキワムルルに引き続き、オリジナルとの同時リリース。焙煎度合いの違いによる、このパワフルな生産国の表情変化の面白さも、ぜひ同時に味わってみてください。

Kaiguri/SL28,SL34,Ruiru11,Batian/Washed(Kenya)

価格¥1,100より
消費税込み
    bottom of page