top of page

※挽いた豆(粉)をご注文の方は、必ず備考欄へのご記入をお願いいたします。併せてお使いの器具の名前をご記入いただけましたら、それに合わせた挽き方でご用意いたします。

 

-------------------------------------------------

 

Black Package Lot 029《Sumava》

 

【INTRODUCTION】
生産国:コスタリカ
生産地:シュマバマイクロミル エル・ボスケ農園
生産者:フランシスコ・メナ
標高:1,650~1,790m
品種:ゲイシャ
精製:イエローハニー

 

カップの印象
ライチ、ホワイトピーチ、マスカット、レッドアップル、インプルーブ、ウェルバランス

 

温度帯によってさまざまな果実意をみせる名門ミルのゲイシャ。ベースはレッドアップル。品種の魅力もしっかりと甘く香ってくる良質な精製。

 

【INFORMATION】
コスタリカのゲイシャ種は今年2ロット目で、先日取り扱いをしていた限定ラインのドンカイート農園のゲイシャと同様、エクスクルーシブコーヒーから仕入れました。どちらもイエローハニーの精製ですが、土地が違えば獲得されるポテンシャルも違います。先のドンカイートは非常に華やかで、エキゾチックな魅力すら感じるゲイシャでありましたが、一転こちらは穏やかでやわらかいテイスト。その比較も面白いと感じ、この2つのゲイシャ種を選んだわけです。
シュマバマイクロミルはBREATHでも過去二回の取り扱いがあり、同農園のエル・ボスケはビジャサルチ種ナチュラル、別農園はエル・キンカジュー農園のビジャロボス種を紹介済み。どちらも人気が高く、記憶にある方も多いのではないでしょうか。今回は満を持してゲイシャ種のリリース、といった感じ。
もうご存じの方も多いかもしれませんが、フランシスコさんはコスタリカのスペシャルティコーヒーの躍進には不可欠であったエクスクルーシブコーヒーというエクスポーターの代表。つまりは経営者であり、農地も見る農園主。その作るコーヒーはさまざまな手本となっているわけです。
カップは決して華美にならず、それでいてこの品種と彼らの土壌とのマッチングを見せつけてくれます。しっかりとウェストバレーの名農園らしさを醸し出しながら、そのベースの上にレベルの高い果実味と甘さを感じさせてくれるバランス。やや玄人向けな印象すらありますが、毎日飲んでも飲み飽きないハイクオリティです。
22日間の乾燥。ウォッシュドコーヒーに近いバランスながら、ゴールドに色づく具合のミューシレージ残存率です。ぜひ冷めゆくまでのその魅力を、ゆっくりと味わってください。

Sumava/Geisha/Yellow honey(Costa Rica)

価格¥2,200より
消費税込み
    bottom of page